メンバーの近況や稽古状況をお伝えします。


by gts0509
カレンダー

<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

本日は稽古です。

一週間振りの稽古です!
まだ朝飯を食べていないのでおなかすいた…
一日の力の源は朝食にあり!というわけで、今からご飯いただきます☆

一ノ瀬
[PR]
by gts0509 | 2007-08-31 12:40

涼しくなってきました

40度近くあった毎日が、今はだいぶ涼しく、生活しやすくなってきました。

もー秋ですね。

秋といえば、この間『秋刀魚』を食べました。今年は異様なまでに秋刀魚がとれるらしく、安い!!が、あぶらがのっててうまい!!

んー、秋って何かといい季節ですね


太一郎
[PR]
by gts0509 | 2007-08-31 11:46

陸上

世界陸上が始まった!

たまたま見たところ女子100Mの決勝だった。
そこで世界最速の女性が決まったのだが、自分と同い年ということを知り衝撃をうけた!

陸上はどんなスポーツよりストレートで好きだ!ただ100Mをひたすら走るだけ!
今度走ってみようかな

西尾
[PR]
by gts0509 | 2007-08-28 20:06

少しずつ

もうすぐ八月が終わりそうです、まだ全然夏だけど、秋が近づく予感もします

気温の変化、虫の鳴き声、微妙だけど確かな移り変わり、そんなふうに季節を感じてるとか言ってると、また残暑で大変になるんだろうなって思う

早く次の季節の訪れを願いたいです

高尾
[PR]
by gts0509 | 2007-08-28 16:55

六三四の剣

「六三四の剣」

今から二十数年前に週間少年サンデーに連載されていた村上もとかさんの漫画である。
一人の少年が剣道を通じて成長していく熱血感動漫画。

私はこの漫画が好きだ。

漫画はほとんど読まない私の中で、この村上もとかさんの「六三四の剣」だけはことあるごとに紐解き、何度も読み返している。
この作品を読んでいると、自らの心の炎が燃え上がる。

「六三四の剣」をきっかけに剣道を始めた人が多いらしい。
かくいう私も・・・・・というのは嘘。
私が剣道を始めたきっかけは「六三四の剣」ではない。
剣道を始めてからこの作品と出会った。

落ち込んだときは「六三四の剣」を読むことをお奨めする。
プラス思考になり、前向きで明るく楽しく元気よくなること受け合いである。


おっと時間だ、稽古稽古♪
ビシバシいくぞー!
えい、えい、おー!!!

皆木
[PR]
by gts0509 | 2007-08-28 10:23

早川くんおめでとう☆

めでたい。
早川くんにとって実のある、よりよい一年になることをお祈りしております!


バイトの休憩中におやつを買って残金12円の一ノ瀬より
[PR]
by gts0509 | 2007-08-23 16:02

実は夏男

つい先日、1つ歳をとりました。
僕は、8月生まれ、俗に言う『夏男』です。
夏男って聞いて、どーゆーイメージを持ちますか?!
きっと僕は、皆さんが思う夏男とは遠くかけはなれた存在・・・なんたって、「僕が想像する夏男と僕は対極に存在している人間」って、我ながら思うほど。

夏生まれと夏男は、イコールじゃないと思う今日この頃。


太一郎
[PR]
by gts0509 | 2007-08-23 14:16

24時間

欽ちゃんが完走した。
今回の24時間マラソンは僕にとって印象深いものとなりました。

どんなに苦しくても、笑顔で人々の応援にこたえる。
テレビの前で涙しました。
きっとこんな人間にはなれないだろうと思う。
でも少しでも近づけたらいいなと思います。

西尾
[PR]
by gts0509 | 2007-08-21 23:03

厳しい一言

少しずつ秋の気配が近付いてくる感じがしますが、まだまだ暑い・・・・・。
最高気温が30℃を下回れば過ごしやすくなるんだけどな~。
とは言っても、30℃でも暑いんですよ。
40℃前後の気温が通常状態になってしまった日本・・・・・ああ、STOP温暖化!!!


先日の稽古で皆木さんが劇団員にさらりと厳しいことを言っていました。

「努力が見られない、真剣に取り組まないものは舞台に出さない」

と。
まあ、当然といえば当然なのですが、さらりと言ったので劇団員がどれだけ真剣に受け取ったかは本人次第ですが・・・・・。
うちの劇団のメンバーは人がいいと言うか、優しいと言うか、「人より前に出る」という雰囲気がない。
これではダメだ。

「努力」とか「根性」とか「熱意」とか、今では否定されるような言葉になりつつあるけど、
しかし!これが大事なのだ!
芝居に限らず何事にも大事なのだ。だから高校球児たちの姿に感動するのだ。
これらのことを否定する輩は汗を流したことのない、人生の喜びも苦しみも味わったことのない輩たちだろう。そういう輩は心の底では本当は一生懸命頑張っている人たちがうらやましいのだ。
「そんなことないさ」と否定しても本当はうらやましいのだ。


物事を成し遂げるには多大な努力と根性と熱意が必要だ。
劇団のメンバーは共に芝居を創る仲間として切磋琢磨して頑張ってほしい。
きっと皆木さんはそのことを言っていたのだと思う。


真田
[PR]
by gts0509 | 2007-08-21 11:04

青春

高校野球、夏の大会

あんまり見れてないけど、積み重ねた努力、一挙一動にかける情熱

時に見る人に感動を与える。

大人になってしまったからこそ憧れてしまいます。

なかの
[PR]
by gts0509 | 2007-08-21 10:40